まつげ美容液の種類

まつげデラックス夫人

まつげ美容液、成分や効果が様々なのは先ほどQ子が調べた通りよ。
でも実は違いはそれだけじゃないの。
デザイン?もちろんそうだけど、惜しいわね。
ケアを続けていくうえで知っておいた方がいい、
まつげ美容液の違いについて調べて頂戴、Q子。

まつげ美容液にはどんなものがあるの?

まつげ美容液、成分が違うのはもちろんですが、あとどこが違うかというと、まつげに塗る部分!

 

大きく分けてブラシタイプ、筆タイプ、チップタイプの3種類あって、それぞれ使いやすさが違うんです。
メリット、デメリットは商品によって様々。

 

まつげ美容液の種類

 

成分の他にも、塗りやすそう、肌に優しそうなど自分にあった商品でケアを続けましょう。

 

ブラシタイプ
いわゆるマスカラのようなブラシのタイプです。
使い慣れている人も多くまつげ全体に塗るのも簡単です。
まつげを抜けにくくしたり、伸ばしたりといった場合より、まつげの傷んだ部分をケアするのに向いています。

メリット
・まつげ全体に塗りやすいので、傷んだまつげのダメージのケアがしやすい
・マスカラに慣れていれば、美容液初心者でも使いやすい

 

デメリット
・まつげの根元へのアプローチが難しい
・まつげエクステの人はエクステが引っかかってしまうことも
・ブラシ部分に汚れがついてもふき取りにくい

筆タイプ
アイライナーのようにまつげの生え際に塗り、まつげの根元からのケアができるタイプ。

 

ピンポイントで狙いやすいので量を調節すれば目に入ることを防ぎやすいです。
その分まつげ全体には塗りにくいですが、根元に栄養を与えられる分抜けにくく、まつげの成長を促すことも。

 

価格が高めのまつげ美容液は筆タイプやチップタイプが多いですね。

メリット
・生え際にさっとひと塗りするだけなので手軽
・根元にピンポイントで狙える
・下まつげにも使いやすい

 

デメリット
・量の調節をしないとたくさん付けすぎてしまう
・まつげ全体には塗りにくいのでまつげそのものケアは難しい
・堅めの筆の場合、敏感肌の人などはちょっと痛いかも

 

チップタイプ
リップグロスやリキッドタイプのアイシャドウなどに使用しているタイプ。
こちらもまつげ全体に塗るというよりは生え際などの根元を狙ってケアしていく商品が多いです。

 

筆タイプよりさらに肌あたりがソフトなものが多いので敏感肌の方は比較的トライしやすいのではないでしょうか。

メリット
・生え際にさっとひと塗りするだけなので手軽
・根元にピンポイントで狙える
・下まつげにも使いやすい
・肌あたりが柔らかいものが多い

 

デメリット
・量の調節をしないとたくさん付けすぎてしまう
・まつげ全体には塗りにくいのでまつげそのものケアは難しい

 

まつげデラックス夫人おすすめのまつげ美容液
ランキング1位はこちら!

ランキング1位 リバイブラッシュ 使用前・使用後

価格 5,800円(税抜)
備考

定期コースなら毎回4,760円+送料無料
60日間全額返金保証あり

内容量 6g
使用回数 朝・晩の2回
1本の使用目安 約2カ月
評価 5点
おすすめポイント

無添加で低刺激なので妊娠・授乳中の方に人気
話題の育毛成分キャピキシル配合でその効果を実感

 

リバイブラッシュの詳細はこちらリバイブラッシュ実際に使ってみました!

 

 

まつげデラックス夫人のおススメ!伸びる・増える美容液ランキングはこちら