まつげの為に使っておきたいコスメがある・・・?

まつげデラックス夫人

まつ育中はできるだけまつげに負担の掛からないメイクをしたいというのが本音。
最近ではまつげに良い成分が入ったアイラインが人気なんですって。
まつ育のためにぜひ調べて頂戴、Q子。

まつげが伸びるアイライナーがある?!

最近はリキッドやペンシル、といったもののほかにも様々なカラーが販売されているアイライン。
メイク好きの方にはおなじみのコスメですが、引き方が難しい、分からない、など避けている人も多いのでは?

 

引き方がわからない?!なら覚えましょう、ぜひ取り入れましょう!
なぜQ子がこんなにもアイラインを推しているかと言うと、「まつげ美容液入り」のアイライナーが発売されているからなんです。!

 

まつげ美容液って、まつげの生え際に塗ることが多いですよね?
アイラインもまつげの生え際に塗りますよね?

 

そのアイラインにまつげ美容液の効果があったら、24時間フルでまつ育できるっていうことなんです!
まつげに負担がかからず(むしろケアしているし)、目元強調できる!という夢のような商品。

 

Q子はここぞというお出かけ時以外はアイラインと透明マスカラ、アイシャドウというシンプルなメイクに落ち着きました。

あのビューティーラッシュにもアイライナーが!

続いてビューティーラッシュアイライナー。

 

ビューティーラッシュ アイライナー

まつげ美容液で有名なビューティーラッシュが出しているアイライナーなんです。

 

男性の育毛にも期待されているペプチドを配合している、まつげにうれしいアイライナー。

 

こちらはまさに漆黒!というタイプのリキッドライナーですが、細いラインが書きやすい筆なので自然に目元を強調できます。
クレンジングも楽だったし、気に入って数本使っていたアイライナーです。

ビューティーラッシュ アイライナー 試し書き

 

まつげ美容液だけではなく、このアイライナーも併用していた時はやっぱり切れ・抜けにくかったですね。
長さも出てきたので、本当にマスカラいらずで楽ちんメイクができます。

 

ビューティーラッシュからアイライナーも登場

ビューティーラッシュアイライナー

ビューティーラッシュアイライナー

ビューティーラッシュからもアイライナーが登場。まつげの育毛に期待できる成分が配合されています。

日中のメイクでまつげ美容液の効果をサポートできますよ。

 

>>ビューティーラッシュアイライナーの詳細はこちら

アイラインの引き方を教えて!

まつげが伸びる美容液が入っているアイラインはほぼリキッドタイプ。
ということでここではリキッドアイラインの引き方を徹底レクチャーします!

 

アイライナーの引き方をしっかりマスターして、理想のラインを手に入れましょう。

ノーマスカラの時のアイラインの引き方

まつ育で大事なマスカラを使わないメイク、この場合のアイラインの引き方を紹介します。

 

マスカラを使わないことで自然とメイクに抜け感がでるので、その印象を残したまま目元を強調する必要があります。
まつげはスッピンなのに、黒々とした太いアイラインだと変ですよね?

 

なのでノーマスカラの場合、まつげの生え際を狙って細く細くアイラインを引きましょう。
イメージとしてはまつげの生え際を埋めていく引き方です。

 

ではアイラインの引き方講座、早速始めましょう!

1.目線に気を付けましょう

簡単に言うと、目線は下げて眉毛は上がってる状態です。

 

まつげの生え際にアイラインを入れる、となると目はぱっちり開いているより閉じているほうが引きやすいですよね?
しかも閉じている目は力を入れてギュッと閉じては生え際が見えなくなってしまう。

 

片目は開けて、もう片目はうっすら閉じるのが理想なので、目線が下がるような位置に鏡をセットしましょう。
鏡が動かせない場合は自分の顎を上げれば、自然と目線が下がります。

 

マスカラを塗る時の感じだと思えばイメージつきやすいのではないでしょうか?

2.瞼を少し引っ張りましょう

私はかなり腫れぼったい目元なので、この作業は必須です(笑)
イメージとしてはちょっと釣り目になるように目尻を軽く引っ張る感じ。
そうするとまつげの生え際が少し直線的になって見えやすくなります。

3.ひじはしっかり固定させましょう

テーブルや台がある場合はそこにひじをのせてしまうと簡単です。
台がない場合、しっかり脇を閉めておくと安定しやすいです。カメラを一緒ですね(笑)

4.アイライン先端のほうを持つようにしましょう

通常のペンと同じだと思っていれば問題ないのですが、あまりに上の方で握っているとブレまくります。
できるだけ先端を持つように。

5.線を引こうとする必要なし!

アイライン、つまり線ということでどうしても一気に引いてしまいたい気持ちがあると思いますが、慣れるまではそんなことしなくても大丈夫。
結果的に線になっていればいいだけなのです。
まずは中央のあたりから目尻に向かって少しずつ、点をつなげていく感じで書いてみましょう。
その後は目頭の方を埋めていきます。

 

よく「目頭から目尻に向かって」という引き方を見かけますよね。
そんなものは無視です。

 

私は右利きなので右目はそれで引けるのですが、どうしても左目は無理なので目尻から目頭に引いています。

 

でも左右そんなに差は出ませんので、結局どこから書いてもおんなじ!という結論に至りました(笑)

 

左目を右手で目頭から目尻に引くのはかなり難易度高いんじゃないかと思ってます。

6.アイラインの長さは?

目尻からはみ出させるアイライン、どれくらいの長さがいいかというと、だいたい5㎜ほどと言われているようです。
ここではノーマスカラの時の引き方ということなので、抜け感がなくならないように5㎜越さないようにしましょう。

 

5㎜というと難しく感じるかもしれませんが、自分の目尻から目立ってなければOKということです。
この辺は自分の目とまつげの長さと相談ですね。

 

はじめは点、もしくは短い線をつなげるところから始めましょう。
太さが均一でなかったら、濡らした綿棒などで太くなってしまった部分をぬぐって調整することも可能です。
美容液入りのアイライナーはほとんどがフィルムタイプというお湯で落ちるものなので、この方法が使えます。

 

がっつりウォータープルーフタイプだと修正が難しいので、慣れるまではフィルムタイプで練習するのをお勧めします。

マスカラありの場合のアイラインの引き方(しっかり強調タイプ)

基本は上で紹介したのとほぼ同じですが、マスカラに負けない程度に強調させる場合は若干太さと長さが変わってきます。

1.目尻に向かって太く引く

まつげも目尻に向かって量も多く、長さも出てきます。
アイラインも同様に目尻を強調するように書くことでまつげとの相乗効果がでるんです。

2.目尻のハネさせてみる

ノーマスカラの時はあまり目尻が目立たないようにしていましたが、マスカラを塗る場合はしっかり目尻強調しちゃいましょう!

 

ここでだいぶ顔全体の印象が変わってくる、重要ポイントです。

 

・小悪魔的な目元になるキャットライン
目尻を少し長めに、斜め上にはね上げて引くラインです。
長さを調整することで、職場でも使えるきりっとした目元にもなるので、マスターしておいて損はない引き方。

 

・守りたくなるタレ目
こちらはキャットラインと逆に、目尻を下げ気味にかく方法。
目尻に向かって太めに下げていってもいいし、黒目の上を太めに、目尻は細目にしてもOK。
かわいいまるで猫のようなキャットラインと対照的に、子犬やタヌキのような愛らしさが出る引き方です。

 

・大人な目元になる切れ長ライン
こちらはキャットラインとタレ目の間、軽く跳ね上げる程度にとどめておく引き方です。
すっとした涼しげな目元になるので、ぱっちり二重さんよりは一重や奥二重の方におすすめの方法。

 

腫れぼったい奥二重のQ子はだいたいこの方法ですね。